ニュースリリース 所在地・アクセス お問い合わせ
株式会社ウィズウェイストジャパン
TOP事業概要新草津ウェイストパーク>新草津ウェイストパークの跡地利用


 草津ウェイストパークの跡地利用

 平成4年8月から埋立てを開始しました草津ウェイストパーク(一般廃棄物最終処分場)は、平成22年3月に一般廃棄物の受入れを終了し、同年11月に最終形状の覆土工事を完了しました。
 この土地の有効利用と地域活性化への貢献を目指して、埋立地の最上段部分には前口地区の憩いの場として活用できる多目的運動広場の整備と、中段部分にはこれからの新たな実用に向けて期待されるドーム型水耕栽培施設(太陽光利用型植物工場)を設置しました。

草津ウェイストパーク平面図【水耕栽培(中段部分)】【多目的運動広場】

 この施設は農作物の水耕栽培(太陽光利用型植物工場)でビニールハウスを発展させた最新のドーム型施設を採用したものです。現在、植物工場は将来の食料不足への対策や東北地方の災害復興における塩害を受けた農地の利用方法としても注目されており、前口地域の活性化と新たな雇用創出につながるものと考えています。

施設の名称 ウィズファーム草津
施設の規模 水耕栽培ドーム 4,580平方メートル 6棟
水耕栽培施設範囲 2,266平方メートル 水耕栽培ドーム部除外
緑地 4,220平方メートル 種子吹き付け部
管理用道路・通路 1,063平方メートル アスファルト舗装
ドーム内の状況
ドーム内の水耕栽培

 この「前口みんなの運動広場」は、前口地区の皆様が健康で明るい生活を営むための体力向上並びにスポーツ・レクリエーション活動を通じて、健康・体力づくり、地域の方々とのスポーツ交流や子どもたちの健全育成を図るための運動広場となっています。主としてソフトボール用のグラウンド(内野)が1面と芝生エリア(外野)があり多目的に運動できる広場になっています。

施設の名称 前口みんなの広場
利用期間 4月中旬から11月中旬(冬季間は完全閉鎖)
施設規模 グラウンド(内野) 1,224平方メートル ソフトボール専用
芝生エリア 7,902平方メートル  
駐車場・通路 858平方メートル 30台
ソフトボール用グラウンド
ドーム内の水耕栽培
pagetop↑
  事業内容
主要施設のご案内
最終処分場
  新草津ウェイストパーク
  小野ウェイストパーク
  三戸ウェイストパーク
中間処理施設
  清久工場
  茨城工場
  栃木工場
カレット
  久喜工場